カードでお金を借りる

カードでお金を借りる場合の注意点

短期間でお金を用意しなくてならない、という時に大変便利なカードローンですが、カードでお金を借りる場合注意しなくてはならないことがあります。近年、インターネットから申込みを行い自動契約機でカードを受け取ることが出来るシステムを導入する金融機関も増えてきていますし、自動契約機で申し込みを行えばカード受取まで1時間もかからないというカードローンも多数出回るようになりました。

 

また、自動契約機まで出向くことができずその日のうちにカードを受取れない方向けに、カード発行前でも一定の要件を満たすことができれば、振込みにて即日融資してくれるなど利便性の良いカードローンが増えてきています。

 

確かに、すぐにお金が必要という時に、カードローンを利用すると便利です。しかし、一度カードを受取れば、限度額内であれば何度でも借り入れ&返済を繰り返すことができる、という便利なシステムが故に、借りては返しまた借りる、を繰り返してしまう。元金が全然減っていかない、気づけば利息だけを払っていたことになる。実際いくら借りているのかさえわからなくなってしまう……という方も少なくありません。

 

急遽お金が必要になり、カードローンを作りカードでお金を借りる、ということ事態は悪いことではありません。ですが、しっかり自己管理できなければ急場を凌ぐために作った便利なはずのカードローンが最終的に、自分を苦しめるモノになってしま可能性があります。

 

カードローンを作り利用するのであれば、しっかりと完済計画を立てること、そして必要以上の借り入れはしないことです。特に返済に困ったから「また借りる」という風に一度でも追加融資を受けてしまうと、カードで借りることへの意識が低くなる・麻痺してしまいかねないので、追加融資を受ける際は、特に慎重に検討する必要があります。

一枚あると便利な銀行のカードローン!

銀行のカードローンを持っている方は、どのくらいいるのでしょう?消費者金融のカードローンを持っている方と比べると少ないかもしれません。ですが、金利が低く一枚あるとなにかと便利な銀行のカードローンを急な出費に備えて持ち歩いている、という方は意外と多いように思います。

 

最近は、消費者金融のカードローン同様に、即日融資可能な銀行のカードローンも増えてきています。ですが、お金に困って作ろうと思った時に限って、土日だったり夜遅かったりで、その日のうちに銀行のカードローンを作ることができず、急場を凌ぐことができなかった。こんなことになるなら、事前に作っておけば良かった、と後悔した経験を持つ方も多いようです。

 

即日カード発行・即日融資可能な銀行のカードローンの審査であっても申し込み時間や手続きの方法によっては当日中に融資を受けられないこともあるので、銀行のカードローンのお世話になることがあるかもしれない?と考えているのであれば、金銭的にも精神的にも余裕のある時に作っておくのが賢明だと思います。

 

当日中に銀行のカードローンを利用したい、といった事態を迎えたときに慌てて作ると、あとで「あっちか良かった」「コンビニATM手数料が無料の銀行カードを選べば良かった……失敗した」なんてことにもなりかねません。ですから、銀行のカードローンをいずれ作る可能性がある、お世話になるかもしれない、と思っているのであれば、余裕のある時にゆっくりと比較検討しあらかじめ作っておくことをオススメします。

 

 

銀行のカードローンを作るなら余裕をもって比較検討を!

銀行のカードローンを作ろうと考えた時、金利はもちろんのこと、申し込み方法、返済期日、カードを使えるATMやキャッシュディスペンサーの設置場所、手数料無料で返済できる方法はあるか?など確認すべき点はいろいろとあると思います。

 

ですが、急いで銀行カードローンを作ろう&作らなければならない、という状況の場合、まずは、即日融資可能であるか?そして金利はいくらか?この2点のみにしか頭が回らず、カードを作り融資を受けてから、銀行ATM以外で返済や借入れすると手数料がかかるなんて知らなかった。もっと利便性の良い銀行カードを選べば良かった、といった具合に失敗した、もっとよく考えて作れば良かった、と後悔している方も少なくないようです。

 

どうせ作るのであれば、利便性が良く、無駄な手数料を払わなくてすむ銀行カードがいい、冷静に考えれば誰でも同じ結論にたどり着くはずです。しかし、急いでいる時は目先のことに囚われ、冷静な判断を欠くことがあります。ですから、銀行のカードローンを作る可能性がある方は、切羽詰ってからではなく、時間的余裕がある時にゆっくり各カードローンの特徴を理解し比較検討するようにしましょう。

 

ちなみに、返済のための振込みやコンビニATMを利用して入出金する際に手数料が発生する場合、利用期間・利用回数が多ければ多いほど大きな負担となってくることもめずらしくありません。下手すると金利0.〇%の違いより、大きな負担となってくることもあるので、そういったことも視野に入れ銀行のカードローンを選ぶ際は、しっかり比較検討していきましょう。